宅建講座の最新割引キャンペーン情報 宅建試験の解答速報を掲載

資格スクエアの宅建通信講座、高機能e-ラーニング+最先端AI出題分析で合格!

資格スクエアの宅建通信講座

資格スクエアの宅建通信講座はオンライン学習に特化しています。スマホで勉強するために開発された学習システムは機能性に優れており、効率的な学習を可能としています。

また、資格学習におけるIT技術の活用を強力に推進し、宅建試験をAIを使って予想するという革新的な試みを実施しており、成功を収めている注目の通信講座です。

現代型の資格学習では合格率等の「信頼」だけでなく「効率」すなわち早さが求められていると思います。資格スクエアはITの力によってこれらを実現していると思います。

本記事では、資格スクエアの宅建通信講座の学習システム・講義・教材・口コミなどをレポートして評価しております。

資格スクエアの公式サイトを早速チェック

資格スクエアはこんな方にお勧め
  • スマホでe-ラーニングを積極活用したい方
  • AI分析による高精度な試験対策を実践したい方
  • 現役司法書士の実務に即した高いレベルの講義を聞きたい方
  • 安価な受講料の通信講座を探している方
  • 資格学校の信頼性や合格実績を重視している方

資格スクエアの宅建通信講座の概要

資格スクエアの宅建通信講座の概要

コース講座一覧
講座名 講座の概略
未来問合格パック 「インプット+アウトプット+直前対策+未来問」のオールインワンパック講座
学習スタイル
通信講座
教材一覧
テキスト 資格スクエアオリジナルテキスト(市販購入可能な教材)
講義動画・音声 通信講座専用環境で撮影された高解像度・高音質動画
e-ラーニングシステム マルチデバイス対応のWEB学習システム
サポート体制
  • 学習システムを活用した各種サポート
  • 各種SNS・Youtubeによる情報共有
  • 資格スクエアMEDIAでお役立ち情報を共有
割引・キャンペーン等
  • 「AI」による社労士試験出題予測「未来問」無料プレゼント
  • 早期割引・キャンペーン等不定期開催
  • 無料講座登録でクーポンコード発行
一般教育訓練給付制度の指定講座
  • 該当なし
SNS情報
資格スクエア公式twitter
資格スクエア公式Facebook
資格スクエア公式youtube
資格スクエアMEDIA
公式サイト
資格スクエアの宅建通信講座
資格スクエアの公式サイトを早速チェック

資格スクエアの宅建通信講座の特徴

資格スクエアの宅建通信講座の特徴

資格学習+AIをいち早く実現「未来問」が凄い!

AIで宅建試験問題を予想

資格スクエアは、AI(ディープラーニング)を活用して宅建試験を予測するという画期的な試みを実施しており、おそらく資格講座としては初だと思います。

「未来問」と銘打った出題予想は、第16回日本e-learning大賞において2019年「AI・人工知能特別部門賞」を受賞するなど、公の評価もしっかり得ているのでクオリティの高さを伺い知る事が出来ます。

未来問の出題予想アルゴリズムは以下の通りです。膨大な過去の出題情報を一定のカテゴリに分類して、実際に本試験で出題されたカテゴリと一致した率をカテゴリ的中としています。

■未来問のアルゴリズム
  • 約30年分の過去問題をAIに学習させ、文章分類エンジンで93個のカテゴリに分類
  • 毎年度の出題傾向を学習させ、今年度の出題問題50題を予測
  • 50題に選ばれたカテゴリが本試験で出題された問題のカテゴリと一致した率を「カテゴリ的中率」とする

とまあ、前提事項を列挙するとなんだか頭がこんがらがって来ますが、肝心の「的中精度」はいかほどのものなのでしょうか?直近2年分の成績は、以下の通りとなっています。

試験年度 出題予測的中率
2018年度 78%
2019年度 74%

宅建試験は相対評価試験のため合格基準は毎年少しブレがありますが、50問中35問すなわち概ね70%がボーダーとなります。対して未来問の的中率はなんと70%を超えているため、かなりの精度を誇っていると言えるでしょう。

ただし「未来問だけを解いていれば合格出来るか?」と言われるとそうではありません。以下の動画で未来問の効果的な使い方についての解説がなされていますので、是非ご覧頂ければと思います。

未来問は出題論点の予想ですから、文面そのままの問題が本試験で出るわけではありません。問題文を見た時に「どの様な論点が問われているのか?」本質を理解出来ている人でないと活かせないと言えます。

「未来問だけやれば受かるんじゃないの?!」→「そんなに甘くはないです・・・」と動画でもある様に、そこに至るまでの努力はやはり必要不可欠という訳ですね。逆に、問題文を見て「この論点が出題される」が読み取れるレベルにある方には、未来問は超強力なツールになる事は間違い無いと思います。

一昔前なら考えられなかった事ですが、出題を考える人間もある程度の経験則に基づいて試験内容を決定しているはずですから、今やAIが出題を読めても何ら不思議ではないと思います。

資格スクエアの宅建通信講座の合格実績

ちなみに2019年実績では宅建講座受講生の実に79%が合格しており、未来問の成果が反映されていると言っても良いのではないでしょうか。

最先端e-ラーニングでスマート学習

資格スクエアは次世代の資格学習を推進する資格学校だけにAIだけでなく、学習システム(e-ラーニング)にも力を入れており、あらゆる学習シーンを活用するための高い機能性を有しています。

■資格スクエアの学習システムの主な機能
オンラインレジュメ機能 講義動画の内容と連動するレジュメが同時表示されますのでポイントを抑えながら講義を視聴出来ます。
マイレジュメ機能 自分のレジュメ(学習ノート)を作成する事が出来る機能です。レジュメはPC・スマホ・タブレットでシームレスに編集、閲覧する事が出来ます。
単語帳機能 用語を暗記するために単語帳を作ったりすると思いますが、それをオンラインで実現出来る機能です。
倍速再生 講義動画は×1.0~×3.0まで再生速度を変更する事が出来ます。一度視聴した講義は、速度を上げて視聴すると効率が上がります。
音声のみ再生機能 講義音声のみ再生する事が可能です。音声のみにすると通信容量を抑える事も可能です。

上記の通りe-ラーニングに最低限必要な機能は網羅していますし、資格スクエアの講座は最初からスマホやPCで勉強するように作られていますので、動画を観ながら並行して講義レジュメを読んだりと言った事が可能です。

資格スクエアの学習システムでは独自の機能を実装しており「マイレジュメ機能」や「単語帳機能」は、文章では少々分かりづらいかと思いますので、画像つきで解説を行います。

オンラインで学習ノート作成、マイレジュメ機能

資格スクエアのマイレジュメ作成機能

学習システムでは講義動画に関連付けて、オリジナルのレジュメを作成する事が可能です。学習ノートをオンラインで作れる機能となっています。各講義動画の「マイレジュメ作成」ボタンを押して作成作業を開始します。

資格スクエアのマイレジュメ作成機能

レジュメの作成では上部の装飾系コマンドを使ってマーカーで色付けしたり、下線を引いたり付箋を貼ったりする事が可能です。WEBページなのでコピー&ペーストなど、基本的なブラウザのコマンドは使う事が可能ですし、印刷する事も出来ます。

資格スクエアのマイレジュメ作成機能は装飾機能が豊富

マイレジュメはまず自宅のPCで講義を見ながらインプットを行いつつ作成しておいて、スマホで閲覧する使い方がベターだと思います。

どんどん作って暗記に活用「単語帳機能」

単語帳はシステムで作る時代

昔は暗記のために文房具屋さんで単語帳を買って来てせっせと手作りしたものです。それはそれで味があってよかったのですが、資格スクエアでは単語帳をオンラインで簡単に作成する事が可能です。単語帳を作るには「単語帳を作る」ボタンからスタートします。

表面と裏面(解答)を入力するだけで簡単に作成

表面と裏面(解答)を入力して登録ボタンを押すだけで、オリジナルの単語帳をどんどん追加して行く事が出来ます。講師が解説する単語や気になる用語は、学習しながらどんどん単語帳に起こして行きましょう。

作った単語帳は一括で管理できる 作った単語帳は一括で管理できる

作った単語帳は「マイ単語帳」ページで一括で確認する事が出来ます。「表示」ボタンを押すと裏面(解答)が表示される仕組みとなっていますから、自分だけのオリジナル暗記問題集として機能する訳ですね。

単語毎にステータス(理解度)をつけて管理する事が出来ますので「×」がついているものだけ集中的にチェックするなんて使い方も可能です。単語は講義動画に関連付けて作成されますので「レジュメへ」ボタンを押すと、対応する講義にジャンブ出来るのが良いですね。

現役司法書士の講義

資格スクエアはAIや学習システムに長所を見出す事が出来ますが、通信講座である以上やはり「講師」の存在は重要です。担当講師は現役司法書士を起用しており、宅建の上位資格で飯を食っている方だけあって、論点の捉え方や解説のわかりやすさは流石だなと思います。

資格スクエアの宅建講座を担当する講師のプロフィールをみておきましょう。

田中祐介 講師/宅建士・司法書士・行政書士
田口愼哉 講師 高卒フリーターの状態からすべて独学で司法書士、行政書士、宅建等の資格を取得されたマルチライセンス保持者です。大学で法律を学んだ経験もなく予備校に通う資金もない中、知識ゼロからスタートされています。

宅建の資格は司法書士として仕事をする上で、不動産の取引に立ち会うことも多いので知識の必要性を感じたから取得されたそうです。講師はかなりの苦労人だったようなので、受験生の立場をよく理解した講義が期待出来ます。

司法書士ハスティーク法務事務所を経営するバリバリの現役の実務家でもあります。司法書士といえば不動産や会社の登記のプロですし、宅建と職域も近いので実務に沿った講義が期待出来ます。

講師は現役ユーチューバーという訳では無いのですが、資格スクエアyoutubeチャンネルでは「素」の部分が見れるのでチェックしてみて下さい。物腰の柔らかい講義が特徴で、噛み砕いてゆっくり話してくれるので付いて行きやすいと思います。

大手の3分の1!安価な受講料

大手より安い資格スクエアの受講料

資格スクエアの宅建講座は通学タイプの大手資格学校に比べて3分の1という受講料を明言しています。実際受講料は宅建講座の中でも安いと思いますし、時間・場所の制約が無い通信講座を安価で受講できるのはメリットが大きいと思います。

資格スクエアは通信特化の資格スクールなので全国に校舎を構える必要が無く、専任の講師を付ければ良いので人件費も相当抑える事が出来ます。また広告もWEB広告位歯科出していないので、かなりのコストを抑えていますので安価な受講料を実現出来ていると言えます。

また、資格講座で良くある資料請求もありませんし、講義動画の視聴や学習システムの操作は全てオンラインで試したい時に試せるので、講座の透明性が高いのも評価できると思います。

資格スクエアの公式サイトで他の特徴を更にチェック

割引・キャンペーンの傾向分析

資格スクエアの宅建通信講座の特徴

期間限定開催のキャンペーン

期間限定開催のキャンペーン

期間限定開催のキャンペーンは単純に受講料が下がるものから、オプション(未来問)等が無料化されるなど様々です。本試験が近づくとディスカウントキャンペーンとして、50%OFFになる事もあります。

時期的には合格発表前後あるいは、勉強開始時期となる本試験の6ヶ月前の4月5月あたりが最も開催される可能性が高いと思います。情報をキャッチするには無料講座登録によるメルマガ受信やtwitterのフォローが手っ取り早いと思います。

クーポンコード

資格スクエアのクーポンコード

クーポンコードは無料講座登録した方に対して発行されますので、講座チェックのついでに貰っておきましょう。執筆時点で丁度クーポンが発行されており、20%OFFというかなり強力なものでした。クーポンコードについても本試験の6ヶ月前位丁度4月5月あたりに発行される可能性が高いと思います。

資格スクエアの公式サイトで割引情報をチェック

講座・コースと受講料の情報

資格スクエアの宅建通信講座のコースと受講料の情報

オールインワン講座「合格パック」

資格スクエアの宅建通信講座のコースは現時点で「合格パック」一択となっており、2020年度の受講料は77,000円(税込)となっています。講座は「インプット講座(約50時間)+アウトプット講座(約40時間)+直前対策講座(約10時間)」のカリキュラム構成です。

インプット講座では重要ではない部分はカットしており、直前対策講座では試験直前から5点アップを狙うために、出題頻度の高い問題を厳選して解説しています。短時間で合格を狙うための攻撃的なカリキュラムとなっています。

アウトプット講座では「クラウド宅建士OUTPUT」を活用しており、資格スクエアのオリジナル書籍で市販されているものです。

クラウド宅建士OUTPUT

2020年版 クラウド宅建士OUTPUT
出版社・著者 資格スクエア (著)
発売日 2020/4/3
印刷 2色刷り
書籍情報 単行本(ソフトカバー)
書籍サイズ A5判(持ち運びOK)
資格スクエアの公式サイトでコースの詳細をチェック

資格スクエアの宅建通信講座の評判と口コミ

資格スクエアの宅建通信講座の評判と口コミ

法律解釈が大変上手な講師
仕事が忙しく、時間がないのでインプット学習に時間をかけられないと思っていました。インプットを兼ねたアウトプットができないか、そんなことを考えながらAmazonでテキストを検索していたら、たまたま資格スクエアのテキストが出てきました。

そこで資格スクエアのホームページを見てみました。それから鬼頭さんの本を何冊か購入して読んでみました。最後に田中先生の講座説明を見て、講座の購入を決めました。とにかく効率よく勉強して1回で受かりたいと思っていたので、金額は気になりませんでした。

先生にはプロ講師タイプと実務家タイプがいますが、私は実務に役に立つような勉強をしたいと考えていました。実際田中先生はいろんな資格を持っていて、法律解釈が大変上手でした。

独学で勉強してうまく抜け出せない方にもいい
解説は分かりやすく端的でした。直前にわからなかったことがわかると安心できるので解説を聞く価値があります。そのうえ資格スクエアさんの解説は長々と眠たくなるということもありませんでした。「ポイントをテンポよく!」だったので忙しい人にもいいと思います。

解説がとてもテンポよくわかりやすくスマホでも見ることができるので社会人にとてもいいと思います。あと、独学で勉強してうまく抜け出せない方にもいいと思います。音で聞くとまた違った刺激になり、理解できなかった部分がすんなり理解できることもあるからです。

自分でテキストを読み込んだりするのが難しい人におすすめ
法律の勉強をしたこともないし、業界未経験なのですが、田中先生の講義はとてもわかりやすかったです。「権利関係では登場人物の関係図を書いてくださいね」とおっしゃっていたので、関係図を書くようにしたら、だんだん理解できるようになってきました。

アウトプット講義では、解法の作業手順の解説がとても丁寧なので、ありがたかったです。また、理解が弱いところは聞き取れるぎりぎりの速度で何度も視聴しました。YouTube等よりも早い速度にできるので時間をかけずに何度も復習できました。

普段忙しかったり疲れていたりして、自分でテキストを読み込んだりするのが難しい人におすすめしたいです。 自力でテキストを読み解くことは想像以上に脳が疲弊して、すぐにへばってしまいます。 良い動画で学習するほうが、はるかに頭に入りやすいです。

資格スクエアの公式サイトで評判・口コミをチェック

資格スクエアの宅建通信講座を無料体験

資格スクエアの宅建通信講座を無料体験

資格スクエアの宅建通信講座は資料請求といった面倒事は一切ありません、実際自分の目でみて操作して講座の品質を判断する事が出来ます。ここでは、学習システムを体験するまでの流れを解説します。

無料講座登録の方法
資格スクエア宅建講座の無料講座登録の方法 資格スクエア宅建講座の無料講座登録の方法

資格スクエアの宅建講座ホームページで「①ハンバーガーメニュー」をタップすると「②会員登録(無料)」のボタンが表示されますのでタップします。登録情報の画面では名前、メールアドレスなど簡単な情報の入力で登録が完了します。

資格スクエア宅建講座の無料講座登録の方法 資格スクエア宅建講座の無料講座登録の方法

「①興味のある資格」の宅建士にチェックボックスを入れて、「②利用規約に同意」にチェックを入れた後「③上記の内容で送信する」をタップすると、メールアドレスに無料会員登録確認の案内メールが届きます。

登録したメールアドレスにはメールマガジンの他にもキャンペーンの情報も届く様になりますから、たまにチェックしておくと良いでしょう。

マイページ
システムログイン後のマイページ 講義動画視聴の画面

システムログイン後のトップ画面には「続きから視聴」ボタンが表示されており、前回視聴していた講義にジャンプできるのが地味ですが良い機能ですね。マイページのトップは質素ですが、講義動画の視聴画面は打って変わって機能が盛りだくさんです。

クーポンコード

資格スクエアのクーポンコード適用方法

クーポンコードをゲットした場合は、マイページの購入画面に情報が表示されます。ややこしい手続きもなく、システマチックに受講料のディスカウントを受けられるのが手早くて良いですね。

無料システム体験の感想

無料システム体験では講義動画も幾つか視聴できるので、講師の質もチェックする事が可能です。システム面はPCよりもスマホでの使い勝手をしっかりチェックしておいたほうが良いと思います。

とはいえそこまで複雑なインタフェースではないので、スマホでソシャゲをやる方ならば余裕で使いこなせるレベルだと思います。資格スクエアはスマホでの学習に重きを置いたシステムなので、シンプルで使いやすいと思います。

オンラインでレジュメを作れる「マイレジュメ機能」は、今までノートを作る勉強方法に慣れ親しんだ方には少々抵抗があるかもしれませんが、お若い方ならすぐに受け入れられると思います。

資格スクエアの宅建通信講座を【無料】でシステム体験

資格スクエアの宅建通信講座の総合評価

資格スクエアの宅建通信講座の総合評価

総合評価:65点/100点
評価カテゴリ 判定 得点(各20点満点)
教材・講義 15点
カリキュラム 10点
費用 15点
サポート 5点
運営実績 20点

スマホで勉強するために開発された教材と講義は、資格講座の中でも高水準の出来だと思います。担当講師もかなり優秀な方なので、高い機能性のシステムも相まって短時間でスイスイ回せると思います。

ただしインプット用のテキスト教材が無いので、レジュメと講義動画のみでインプットを完結させる必要があります。スマホでサクッとインプットを終わらせたい方にはおすすめ出来るのですが、資格講座オリジナルの教材を求めている方にはマイナス評価になろうかと思います。

カリキュラム的には、現状コース講座のみのため汎用性は低いと思います。どちらかと言えば学習経験者や独学の方が、スキマ時間にスマホで実力をアップするためのカリキュラム構成かなと思います。

サポート面は質問回答サポートがないため低評価としていますが、学習システムの機能的なサポートは充実していますし、youtube等様々なメディアで予備知識を楽しく学ぶ事が出来る点は評価出来ると思います。

資格スクエアは予備試験司法試験などに強みを持っていますので運営実績は十分です、宅建講座はまだ歴は浅いですが2019年の実績で講座受講生の79%が合格しているので信頼性も高いと思います。

実績に分類して良いか迷う所ですが独自の「未来問」は、活用出来る水準にある方にとっては直前の試験対策としてかなり有益なので、これだけでも受講する価値はあるかと思います。

資格スクエアは、どうにかして無駄な時間を勉強時間に当てたいとお考えの方は選択肢に加えて良いと思います。学習システムは無料で試せますので、一度使い勝手をチェックしてみましょう。

資格スクエアの宅建通信講座を【無料】でシステム体験

コメントは受け付けていません。

宅建通信講座人気TOP3はこちら!

フォーサイト

フォーサイトの宅建通信講座

  • 優れた合格率と実績
  • 資格講座随一の教材品質
  • 指導経験豊富な優秀講師
  • 透明性が高い通信講座
  • 高機能e-ラーニング

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

クレアール

クレアールの宅建通信講座

  • 合格するためのシンプルな戦略
  • 大ベテランの講師の講義
  • 老舗の運営実績・信頼
  • バランスが取れた講座
  • 良コストパフォーマンス

無料資料請求はこちら

講座レビューはこちら

スタディング

スタディングの宅建通信講座

  • スマホで宅建の勉強
  • 業界屈指の有名講師起用
  • 洗練されたテキスト教材
  • 高機能e-ラーニング
  • リーズナブルな受講料

無料システム体験はこちら

講座レビューはこちら

宅建講座の厳選レビューはこちら

楽しく選ぶ・学ぶ!おすすめ記事一覧はこちら